最近の葬儀を考えました

葬儀を行うためにはまずはどこを会場にするかを決める必要があります。

葬儀の会場場所は火葬場と密接な関係

最近の葬儀を考えました 葬儀を行うためにはまずはどこを会場にするかを決める必要があります。かつて大昔は自宅がほとんどでしたが、現在では自宅で行う人は少なくなり、代わりにお葬式業者あるいは公営が運営する会場を借りて行うことがほとんどとなりました。無論会場を借りる場合は規模にもよりますが、数万円以上の借り賃がプランの費用の中に含まれることになります。しかしその葬儀会場と業者は適当に後先考えず目の前の安さだけで選んではなりません。

というのは葬儀というのはお通夜と告別式をやればそれで終わりではないからです。その後に一番肝心なこととして火葬場への搬送作業が待っています。この火葬場選びは基本誰でも予約すれば引き受けてくれます。しかしその料金は皆同じではありません。料金は火葬場エリア内に住民票がある住民とない住民とで大きく差別化されている場合がほとんどです。極端な場合になるとエリア内住民は料金が1万円未満に対して、エリア外住民は8万円以上になることもあります。そのためほとんどの人は自宅から最も近い会場と火葬場を自然と選ぶことになります。となれば選べるお葬式業者と会場の数も絞れてきます。なぜならあまりに会場と火葬場間の距離が何十キロ以上と遠すぎると霊柩車の運送代も追加が発生するからです。そのあたりをよく考えての会場や業者選びをする必要があります。


Copyright(c) 2019 最近の葬儀を考えました All Rights Reserved.