最近の葬儀を考えました

葬儀は突然やってきます。

葬儀は日常とはかけ離れています

最近の葬儀を考えました 葬儀は突然やってきます。身内が突然亡くなって、いきなり喪主になることもあります。または親戚だったりもします。急に入ってくる大事な儀式なので、どこまで優先するのかというのが大事になってきます。喪主になったのなら、ここは最優先です。身内の場合は、そのごの四十九日までの段取りがやってきます。今の流れでは、これも葬式の時に行うというのが多いです。なかなか遠く離れてしまった親戚が、また集まるというのは大変です。仕事の都合もつかないこともあるので、大体はここで一緒に行うことになります。実際に葬式までの段取りはしらないことが多いです。

日取りを決めて、お通夜の日程や、お通夜から葬式まで一晩誰がそばにつくのかというのもあります。ここは喪主がするのか、親戚の中からだれか出てもらうということにもなります。そこに至るまで、どういった段取りで、祭壇はどういう感じのものを用意するのか、規模はどれくらいになるのかというのも順次決めて行きます。今まで経験したことのないことが、山ほどきて、即座に決断していかないといけません。お金も結構動く内容なので、どっと新しいことを知って、そして決めていく必要があります。戸惑うことが多いのが葬式になります。


Copyright(c) 2019 最近の葬儀を考えました All Rights Reserved.